査定で洗車が重視されるかを自社サイトで確認

車の買取の前に査定を依頼する時には、
やはり買取業者のホームページはよく読んでおいた方が良いと思います。

 

その理由の1つは、キャンペーンです。

 

ホームページにはお得情報が掲載されているので、
よく読んでおく方が良いですね。
それと、査定ポイントが記載されているケースも多々あるからです。

 

例えば、車の洗車に関する記載です。
よく車買取の業者のホームページには、
車を洗っておいた方が良いと明示されている事がありますね。
洗っておく方が、買取金額が高めになる等と明示している業者は案外多いと思います。
たいてい高額買取のコツのページに、それが言及されているのですが。

 

ところが業者によっては、洗車は余り大きな問題ではないと考えているケースがあるのです。
そのような業者の場合、車を洗車しても余り査定金額は
変わりませんと自社サイトに記載しているケースがあります。

 

つまり買取業者によって、洗車する方が良いのか否かが異なる訳です。
洗車はあまり大きな問題ではないとサイトに記載している業者であれば、
あえて洗車をする必要はないと思います。

 

しかし洗車するべきと記載している業者でしたら、
洗車しておいた方が高額買取につながりやすいと思います。
ですので業者に査定を依頼する前に、
必ずウェブサイトは目を通しておいた方が良いと思います。
何も洗車に限らず、査定に関するコツは業者によって色々違います。

 

業者によってはコンパウンドで傷の補修をしておいた方が歓迎されるケースもありますが、
あまり気にしない業者もあるのです。

 

その違いを見極めるためにも、査定を依頼する前に必ず各業者の
サイトには目を通しておくべきでしょう。
またWEBサイトには、査定用のクーポンなどが設置されている事もあります。
このようにホームページを見ておくのはメリットが色々ありますので、
査定前にサイトに目を通しておく意義は大きいと思います。

2015/01/02 19:13:02 |

車買取の金額を左右する箇所の1つに、天井部分があります。その箇所は、査定額に大きく影響する傾向があるのです。ちなみにプラスにもマイナスにも影響します。

 

まずマイナス面の方から申し上げると、ラックが付いているような車ですね。天井部分に対して何か物を乗せる事ができるような車もあるのですが、買取業者からすると低く評価する傾向があります。業者によっては天井部分の置きスペースを、処分しなければならない事もあるようですね。処分料金が発生してしまう関係上、査定額も低くなる傾向があります。

 

その逆に、天井部分の窓はプラスになる事が多いのです。いわゆるサンルーフ付きの車ですね。
車の買取業者は、顧客から買い取った車をオークションに流している場合があります。いわゆるオークションの会場に車を持ち込む業者もあるのですが、会場ではサンルーフは別格と考えられる事が多いです。

 

そもそもオークションの会場では、車は色々な基準で振り分けられているのです。事故車やワンオーナーなど、様々な基準で振り分けられています。そしてサンルーフ付きの車も、振り分けられているようですね。つまりオークションの会場のスタッフの方々は、サンルーフ付きの車を高く評価している訳です。

 

モビリオの買取、査定で納得のいく査定額を引き出す法則

 

また買い取り業者の査定士も、その旨を明示している場合があります。ある車の査定士によると、サンルーフ付きの車はかなり売却額がアップするのだそうです。10万円近く金額がアップする事もあるそうなので、サンルーフは非常に評価が高い訳ですね。ですので天井に窓が付いている車などは、ちょっと強くアピールしてみた方が良いと思うのですが。

 

このように車の天井部分は査定金額を大きく左右する事が多いため、車の重要箇所の1つと言えるでしょう。

2014/11/24 18:17:24 |

車の売却では、年式は非常に大事な要素です。「何年前に販売された車か」という情報は、売却額を大きく左右します。

 

基本的に年式は新しい方が、売却額は高くなる傾向がありますね。10年前に販売されているような車などの場合は、ちょっと売却が困難な事もあります。
もっとも20年や30年以上前に販売されているような車であれば、話は別ですね。それ位昔の車であれば、むしろプレミア価値が付いている事が多いからです。

 

ところでその年式には、1つボーダーラインがあります。1つの目安としては、3年目や4年目はちょっと気をつけた方が良いです。なぜならその時期は、車の金額は大きくダウンする傾向があるからです。

 

ちょっと具体的な例で考えてみましょう。例えばある時に買った車の金額が、100万円だったとします。しかも最新モデルゆえに、1年にも満たない年式だとします。その場合その車の金額は、70万円程度でしょうか。あくまでもそれは極端な例ですが。

 

ところが4年落ちの車になると、かなり金額がダウンする傾向があるそうです。2年目や3年目の段階であれば、低くてもせいぜい55万円台だとします。ところが4年目を迎えてしまうと、35万円近くに落ちてしまうといった具合です。さらに6年目ですと25万円前後で、10年目であれば10万円台といった具合ですね。

 

ご覧の通り4年落ちの車などの場合は、売却額の下落率はかなりの程度になっています。このため車を買ってから2年目や3年目を迎えた時には、ちょっと売却を検討した方が良いかもしれません。4年目に突入してしまいますと、売却額が大きく下がってしまう可能性があるからです。
ハイエース 買取

 

車の売却額に関わる幾つかの要素の中でも、年式はかなり重要度が高いと言われています。それだけに2年目や3年目を迎えたのであれば、「古くならない内に車を売却するべき」という認識を持っておいた方が良いと思いますね。

2014/11/08 22:52:08 |

車を売る為の情報をネットで色々と調べてみますと、一括査定サイトがアピールされているケースがとても多いですね。車買取に関する情報サイトでは、たいてい一括サイトが強調されています。

 

ところで人によっては、「本当に一括査定サイトでは高く売却できるのか」は疑問と考えているケースもあるようです。そのような話はよく聞くものの、果たして本当に高額売却になるどうかはちょっと不安という方もいらっしゃる訳ですね。では果たして、高く売れるのでしょうか。

 

現状、高く売れているのは事実のようです。現にある会社の代表者も、そのような事をおっしゃっています。

 

その会社は車の買取に関わる事業を営んでいるのですが、確かに一括査定サイトでは高額売却が成立するケースがしばしば有るのだそうです。その逆にディーラーなどの場合は、ちょっと買い取り金額が低めになるケースが有るとおっしゃっていました。

 

ただその方によると、一番高く売却できるのはオークションだそうですね。確かにオークションは、売却金額は高いと思います。中間マージンなどが発生しないからです。

 

しかしオークションの場合は、やはり手間はかかりますね。商品説明文の作成や写真撮影や入金トラブル対策などと、色々と工夫をしなければならないのです。ですので手間を省きたい方にとっては、やはり業者を利用する方が良いと思いますね。
ヴェルファイア 買取

 

いずれにしても一括査定サイトは、しばしば高額売却が成立しているのは事実だそうです。ですので車を高く売りたいのであれば、やはり一括サイトを利用するのは良い選択肢でしょう。最近では複数業者から一斉に電話がかかってこないようなサイトもありますし、昔よりも利用しやすくなっていると思います。

2014/11/01 14:19:01 |

日本の車買取の業界では、査定士の方々は大活躍していますね。現にほとんどの買取専門店には、査定士が常駐しています。プロの方々による査定を受けられるのは、顧客としては安心感を持てるかなと思います。

 

ところが国が異なると、その査定士に関する事情もちょっと異なっているようです。アメリカの場合は、ちょっと事情が違うのだそうです。
まずアメリカの場合は、査定士という職業の方は一応いらっしゃいます。どこにそのような方がいらっしゃるかというと、ディーラーですね。

 

そもそもあちらの国には、日本のように車の買取専門店があまりありません。業者に車を売却するとなると、主にディーラーになるようです。もっともガリバーは話は別ですが。

 

そしてアメリカのディーラーには査定士の方がいらっしゃる訳なのですが、常駐度は日本とは異なります。あちらの国の場合は、査定士が必ず居るとは限らないそうなのです。留守にしている事が、案外多いそうなのです。ちなみにアメリカの場合は、査定士の方々はバイヤーと呼ばれているそうです。

 

日本の場合はそうではありませんね。たいてい査定士の方がいらっしゃるのですが、アメリカはちょっと事情が違うという訳です。このためアメリカにて査定士による査定を受けたいのであれば、まずはディーラー店に対して電話をするべきでしょう。そして時間約束を取って、査定士の方に見てもらう事になります。
MOVE 買取

 

ただディーラーに売却するとなると、買取金額が低くなる事が多いのはアメリカも同じです。このためあちらの国では業者に売却をするというより、むしろ個人間の取引が盛んな状況です。
ですのでアメリカの場合は、日本よりは査定士が活躍している状況ではないのかなと推理します。

2014/11/01 00:30:01 |

車の売却方法は、大きく分ければ2種類になります。業者に売却をするか、オークションなどを用いての個人取引です。そして2つの売却方法には共通点があって、どちらも交渉が発生する可能性があります。

 

まず前者の業者に対する売却ですが、たまに交渉に関する話を聞きますね。業者が提示している買取金額が少し安いと考えられるので、もう少し高くできないかという交渉をしている顧客の方もいらっしゃる訳です。そして、しばしばその交渉は成功しているようです。ですので試しに業者と交渉してみるのも、1つの方法だと思います。

 

ところで後者のオークションですが、実は昔は交渉はできませんでした。昔のオークションは、基本的には競売のみでしたね。あくまでも車を出品して、落札されるという機械的な手続きに終始していたように思います。

 

ところがある時に、オークションのシステムが変わりました。今までは交渉はできなかったものの、ある時から落札者は金額交渉ができるようなシステムになったのです。
ただしそれには一定の条件があって、出品者が「交渉可能」と設定していない限り交渉は不可能です。しかし可能と設定されているのであれば、値下げ交渉に応じてくれる出品者もいらっしゃる訳ですね。

 

そのような状況になっていますので、最近のオークションにて車を売るとなると相手と交渉する可能性はありますね。ただ「交渉不可能」と設定する事も可能ではありますので、もしも交渉をしたくない場合は不可能と設定しておくのも一法です。逆に一刻も早く車を売却したいのであれば、交渉可能と設定するのも1つの方法だと思います。

 

このように車の売却という手続きでは、どのような方法でも相手と交渉が発生する可能性がある訳ですね。