車の査定士が常駐している事が少ないアメリカ

日本の車買取の業界では、査定士の方々は大活躍していますね。現にほとんどの買取専門店には、査定士が常駐しています。プロの方々による査定を受けられるのは、顧客としては安心感を持てるかなと思います。

 

ところが国が異なると、その査定士に関する事情もちょっと異なっているようです。アメリカの場合は、ちょっと事情が違うのだそうです。
まずアメリカの場合は、査定士という職業の方は一応いらっしゃいます。どこにそのような方がいらっしゃるかというと、ディーラーですね。

 

そもそもあちらの国には、日本のように車の買取専門店があまりありません。業者に車を売却するとなると、主にディーラーになるようです。もっともガリバーは話は別ですが。

 

そしてアメリカのディーラーには査定士の方がいらっしゃる訳なのですが、常駐度は日本とは異なります。あちらの国の場合は、査定士が必ず居るとは限らないそうなのです。留守にしている事が、案外多いそうなのです。ちなみにアメリカの場合は、査定士の方々はバイヤーと呼ばれているそうです。

 

日本の場合はそうではありませんね。たいてい査定士の方がいらっしゃるのですが、アメリカはちょっと事情が違うという訳です。このためアメリカにて査定士による査定を受けたいのであれば、まずはディーラー店に対して電話をするべきでしょう。そして時間約束を取って、査定士の方に見てもらう事になります。
MOVE 買取

 

ただディーラーに売却するとなると、買取金額が低くなる事が多いのはアメリカも同じです。このためあちらの国では業者に売却をするというより、むしろ個人間の取引が盛んな状況です。
ですのでアメリカの場合は、日本よりは査定士が活躍している状況ではないのかなと推理します。