車の査定額に大きく関わる天井の部分

車買取の金額を左右する箇所の1つに、天井部分があります。その箇所は、査定額に大きく影響する傾向があるのです。ちなみにプラスにもマイナスにも影響します。

 

まずマイナス面の方から申し上げると、ラックが付いているような車ですね。天井部分に対して何か物を乗せる事ができるような車もあるのですが、買取業者からすると低く評価する傾向があります。業者によっては天井部分の置きスペースを、処分しなければならない事もあるようですね。処分料金が発生してしまう関係上、査定額も低くなる傾向があります。

 

その逆に、天井部分の窓はプラスになる事が多いのです。いわゆるサンルーフ付きの車ですね。
車の買取業者は、顧客から買い取った車をオークションに流している場合があります。いわゆるオークションの会場に車を持ち込む業者もあるのですが、会場ではサンルーフは別格と考えられる事が多いです。

 

そもそもオークションの会場では、車は色々な基準で振り分けられているのです。事故車やワンオーナーなど、様々な基準で振り分けられています。そしてサンルーフ付きの車も、振り分けられているようですね。つまりオークションの会場のスタッフの方々は、サンルーフ付きの車を高く評価している訳です。

 

モビリオの買取、査定で納得のいく査定額を引き出す法則

 

また買い取り業者の査定士も、その旨を明示している場合があります。ある車の査定士によると、サンルーフ付きの車はかなり売却額がアップするのだそうです。10万円近く金額がアップする事もあるそうなので、サンルーフは非常に評価が高い訳ですね。ですので天井に窓が付いている車などは、ちょっと強くアピールしてみた方が良いと思うのですが。

 

このように車の天井部分は査定金額を大きく左右する事が多いため、車の重要箇所の1つと言えるでしょう。